日焼け止め.com おすすめ日焼け止めランキング

日焼け止めの総合サイト

*

日焼け止めBBクリームのおすすめランキング!人気商品はどれ?

      2016/06/14

日焼け止め

「日焼け止めを兼ねたBBクリームって何がいいのかな?」
「紫外線対策しているBBクリームって何?」
「時短出来るおすすめのBBクリームはないの?」

そんなことを思っていませんか?

今ではBBクリームがとても人気があります。
それではBBクリームの人気の秘密はどこにあるんでしょうか?
また日焼け止めを兼ね備えたおすすめのBBクリームを元美容部員の私が解説します。

お急ぎの人はこちらからどうぞ。

1位 ひと塗りでエイジレス肌<<アヤナスBBクリーム>>送料無料・特別価格3,800円

2位 「1本6役」アテニアのBBクリーム

3位 chouette 美白BBクリーム

目次

■BBクリームとは

BBクリームのBBは、Blemish Balmの略で、傷や欠点をカバーするクリームといった意味です。
以前はBBクリームといえばピーリング施術後の肌を保護するために使用されていたのですが、BBクリームが持つ高い保湿機能や再生能力に着目したメーカー達が、万能なベースメイクアイテムとして次々に商品開発するようになったのです。
BBクリームは、化粧下地としても、ファンデ―ション替わりとしても活用できる優れた製品です。

■BBクリームのメリットとは

日焼け

BBクリームを使用するメリットとしては、

・美容クリーム

・化粧下地

・ファンデーション

・日焼け止め

・コンシーラー

といった全ての機能が一つにまとまる事によって、時短メイクが可能になっている点です。
毎朝忙しいOLや主婦の間でBBクリームが高い支持を得ているのも、オールインワンタイプなので、ひと塗りで1分程度でベースメイクが完了するといった手軽さのおかげでしょう。
何種類ものアイテムを重ね付けする必要がなくなったので、メイクがヨレるのを防ぐ事も出来ます。
薄化粧が叶うので、ナチュラルメイクに仕上がるのも魅力のひとつです。
Blemishという傷を補う機能が付いているくらいにカバー力が高いので、シミやそばかす、肝斑が目立つ方には大変お勧めのアイテムです。
コンシーラーでシミやくすみを部分的に隠そうと思っても、ヨレたり、乾燥肌を招いてシワの原因にもなりやすいので、そういった点でもBBクリームの方がメイクの仕上がりのクオリティが高いといえそうです。

●BBクリームのセールスポイント

美容クリーム、化粧下地、ファンデーション、日焼け止め、コンシーラーと何種類ものアイテムを購入しなくて良い分、月々のメイク代もかなり浮くから、美意識目的だけでなく、節約や財テクにも力を入れている女子には、BBクリームは是非揃えておきたい万能アイテムといえそうです。
美容成分が配合されているので、メイクしながら美肌ケアも同時に叶う点が魅力的ですね。
特に働く女子達は1日に8~12時間といった風にメイクしている時間も長いので、肌の負担を防ぐためにも美容成分配合のBBクリームは是非取り入れて欲しいアイテムです。

■BBクリームを塗る時のコツ

女性

洗顔後に化粧水で肌を整えた後に、直接BBクリームを塗ります。
もしも化粧水だけでは保湿力が足りないと感じた場合には、保湿効果の高い美容液を塗ると良いでしょう。
保湿力を高めるためにと乳液やクリームを塗ってしまうと、それらの油分とBBクリームの油分が科学反応を起こして、時間が経過した後に脂浮きしてメイクがヨレるだけでなく、肌がくすんで見えたり毛穴の黒ずみや吹き出物を招く要因となってしまいます。
肌荒れが起きる原因としては、phバランスといって皮脂のバランスが崩れる事が多いようです。
過剰な皮脂が表皮を覆っていると、様々な肌トラブルを招きかねませんので注意して下さい。
もしも浸けていて脂浮きしてきたと気が付いたら、早めにテッシュオフしたり、油取り紙で抑えるが吹き出物が発生するのを防ぐコツです。
BBクリームには、美容クリーム成分も配合されている事を使用する前にきちんと把握しておいて下さい。

●BBクリームのメイク法

まず両頬、おでこ、あご、鼻に小豆1粒程のBBクリームを載せていきます。
BBクリームは傷跡を目立たなくする機能もついているぐらいにカバー力が高いので、量は少量でも充分です。
厚塗りしないのがナチュラルに仕上げるコツです。
厚塗りはちょっと汗をかいたり、皮脂が増える事によってすぐにドロドロ状態になるので薄づきが基本だと心得ておいて下さい。
それから伸ばしていくのですが、そんな時に手よりはファンデーションスポンジやブラシを活用すると目元や小鼻周辺といった塗りにくいパーツにも隅々まで塗る事が出来きます。
少量のBBクリームをスポンジでたたき込んでいって肌に密着させていくのがコツです。
もしもそれでもシミや毛穴、くすみが目立つ場合にはその上に少量加えて同じ要領で重ね付けして下さい。
手でBBクリームを伸ばしていくとどうしても余計な力が加わってしまって、それがシワやたるみの原因となる事もあります。
特に毎日メイクをする人であれば毎日手による圧力が加わる事になるので、それが積み重ねていく事によって目の下のたるみやシワ、頬のたるみを招いてしまうので、出来るだけファンデーションスポンジやブラシを活用するようにして下さい。

●BBクリームを塗る時に気を付けておいてほしい事

肌のトーンを明るくするために、BBクリームを塗る前にコントロールカラーや化粧下地を重ね塗りしたり、カバー力を上げるためにとBBクリームの上からさらにファンデーションを塗ってしまうと、それらの成分が混ざり合わない場合には逆に脂浮きしたりくすんで見える原因になってしまいます。
基本的にBBクリームの成分は他の化粧下地やファンデーションとは混ざりにくいという事をしっかり認識しておいて、無理して重ね塗りしたり、同じリキッドタイプ、クリームタイプだからといって成分を混ぜる事は避けて下さい。

■日焼け止めとしてBBクリームを選ぶ時のポイントと注意点

女性

BBクリームには日焼け止め効果もありますが、日焼け止め効果も期待してBBクリームを選ぶ際には、どれぐらいの日焼け止め効果があるのか?といった点をしっかりチェックしておいてから選ばないと、真夏の紫外線の強い時期では日焼けしてしまう場合もあります。
日焼けを防ぐためには、SPFとPAの数値によって選ぶのがポイントです。

●真夏日や晴れた雪の日、海など紫外線が強い日には

紫外線が強い時期には、SPF40~50、PA+++~++++といった日焼け止め効果マックスのBBクリームを選びましょう。
それでも3時間以上経過したり汗をかいたり海水で落ちてしまった場合には、数時間おきに塗り直す必要があります。
BBクリームですと美容クリームや化粧下地成分も配合さているので、塗り直す時も化粧水を浸けた上に塗り直すだけでOKなので大変便利です。
外出時に塗り直すために同じメーカーから携帯用のミニサイズも出ているので、そういった物も揃えておくと荷物がかさばらないので便利です。

●普段用や冬場にお勧めのBBクリーム

長時間外出しない日や、雨や曇りの日、冬場といった紫外線が降り注ぐ量が少ない日であれば、SPF20~35、PA++~+++程度の数値でOKです。
SPFやPAの数値が高い程日焼け止め効果は高まるのですが、配合されている成分によって肌への刺激も大きくなるといったリスクも背負っている場合もあるので、そのシチュエーションに応じた日焼け止め数値を選ぶのが肌荒れしないコツです。
BBクリームも、紫外線防止効果の数値別に最低でも2種類は揃えておいた方が良いでしょう。

■BBクリームを選ぶ時のポイント

女性

一時期BBクリームがブレイクしてから数多くの種類のBBクリームがメーカーによって開発されてきましたが、多くの種類の中から選ぶポイントとしては、

●肌に浸けた時の伸び具合

伸び具合が良いBBクリーム程、保湿効果が高く自然な仕上がり感を体感できます。
伸びが悪いとその分厚塗りになってしまうので、伸びが良い物を選ぶようにしましょう。

●肌をきれいに魅せてくれる色かどうか?

クマやくすみ、シミを隠したいがために、自分の肌よりは濃い色を選んでしまうと肌がくすんで見えてしまいます。
特にアラフォーの方は、肌の色が濃くなると老けて見られがちになるので注意しましょう。
理想的なカラーは、色ムラを補正しながら毛穴やシミを隠しナチュラルな仕上がりになるような色味です。
BBクリームの場合ですと明るいめの色でも充分カバー力があるので、自分の顔色に合ったカラーを選ぶようにしましょう。

●美容効果

BBクリームのメリットとしては、美容成分が配合されている点です。
美容成分の種類を紹介します。

・セラミドやヒアルロン酸

高い保湿効果が期待出来ます。
長時間BBクリームを浸けていても乾燥しないようにこれらの成分が配合されているBBクリームを選ぶのが乾燥肌を防ぐコツです。

・コウキエキス

黄杞葉のエキスに含まれるアスチルビンという成分はフラボノイドの一種で高い抗酸化作用や抗アレルギー、抗糖化作用があるので、アンチエイジングに高い効能を示してくれる成分です。

・コラーゲン

肌の弾力を保つために欠かせない成分です。

・黒糖エキス

ミネラル成分が豊富で、高い保湿効果が期待出来ます。

・大豆エキス

イソフラボンが主要成分なのですが、イソフラボンはコラーゲンやヒアルロン酸を活性化する作用があります。

・ローズヒップオイル

ローズヒップには、長時間保湿力を保つ効果があります。
他にも美白、リフトアップ、整肌といった効果や抗菌作用が高いのでニキビ予防にも高い効果を示してくれます。

各メーカーのBBクリームに配合されている美容成分は他にもいろいろあります。
もしもコストパフォーマンスが3000円以上と若干高めに設定していたとしても、このように様々な美容成分が配合されていた場合には美容乳液や美容クリームと併用している効果があるので、そう高いコストパフォーマンスという訳でもないようです。
だからBBクリームを塗っている長時間の間にも肌をいたわる事を考えて、美容成分がたっぷり配合されている物を選んでいって下さい。

●カバー力

BBクリームの特徴としては傷やシミを隠す作用がある事ですが、高性能なBBクリームだと、シミやそばかすだけでなく毛穴やシワも隠してしまうといったハイスペックなシリーズも開発されています。
アラフォーになるとシミやくすみだけでなく毛穴の開きや小じわといった悩みも増えてくるかと思いますが、それらのウィークポイントをBBクリームでカバーできるようになると、コンプレックスも解消されてフレキシブルな日々を送れそうですね。

●肌に優しい成分かどうか?

化粧下地や日焼け止め、ファンデーション替わりに浸けるとなると、成分が肌に優しいものなのか?といった点が気になるかと思います。
特に敏感肌の人や加齢により肌機能が弱まっている人は、紫外線吸収剤やパラベン、香料、アルコールといった化学成分が配合されていない方が良いでしょう。

●マイルドなクレンジングで洗浄できるかどうか?

メイクは落とす時に負担がかかるとそれだけでも肌に大きなダメージがかかってくるので、肌に余計な負担をかけないためには、マイルドなクレンジングでも簡単に落とせるBBクリームを選ぶのがコツです。
オーガニック成分配合の肌に優しいBBクリームだと洗顔石鹸だけで落とせる物もあるので、そういったクレンジング時に負担なく落とせる物をセレクトするのも美肌をキープし続けるコツです。

■BBクリームを選ぶ時の注意点

 

BBクリームは、傷を目立たなくするためにどれもコンシーラー的な要素を持っているので、その分色がしっかりと付く物が多いようです。
だからあまりにも濃い色を選んでしまうと肌がくすんで見える事もあるので、自分の肌と同じぐらいの色味、もしくはワントーンぐらい明るめの色味を選ぶのが透明感のあるメイクに仕上げるコツです。

女性●サンプルでまずはお試し

自分の肌色や肌質に合ったBBクリームを選ぶ時にお勧めの方法は、もしもサンプルがあるのであれば、最初にサンプルを試してから購入に踏み切ると間違いがないようです。
もしくはネットや雑誌の口コミを事前に調べておくと、実際の使用感についての情報収集が出来ます。

■日焼け止めとしておすすめのBBクリームランキング

それではランキングを紹介しましょう。

1位 decencia(ディセンシア)アヤナス AS・BBクリーム

【通常使用】アヤナスBBクリーム

1つでなんと7役の美肌効果を発揮してくれるディセンシア・アナヤス・AS・BBクリーム。
元々年齢肌用に開発されたBBクリームです。
黄ぐすみが気になり出す35歳ぐらいからアラフォー、アラフィフといった年齢肌で悩む方にお勧めのアイテムです。

① 外部刺激ブロック

年齢肌特有の悩みといえば黄ぐすみですが、これは皮膚内のコラーゲンなどが糖と結合して、AGEsといった糖化最終生成物を生成させ、真皮質の肌細胞が黄色くくすんでしまう症状の事です。
加齢や紫外線を浴びて体内の活性酸素が増える事によって、肌内部のコラーゲンやエラスチンの量が減少する事によって、肌の構造に乱れが生じてしまいます。
それによって肌のバリア機能が衰えて表皮に隙間が出来てしまい、紫外線によるメラニンが侵入しやすくなり、侵入してきたメラニンが活性酸素を過剰に生産させて、それが糖化を招く原因となってしまいます。
ディセンシアのBBクリームに配合されているヴァイタサイクルヴェールが、バリア機能を強化して外部刺激をブロックしてくれます。

②保湿

長時間浸けていても、乾燥を気にせずに快適に1日を過ごす事が出来ます。
艶を保ちながらしっとりした若々しい素肌感を演出できる点が魅力的の一つです。

③化粧下地

ディセンシアのBBクリームには、黄ぐすみをカバーする特殊カラーが配合されています。
どんな肌でも明るくつややかに魅せてくれるオールフィットカラーが、ひと塗り肌になじんで自然な透明感のあるナチュラルメイクへと変身させてくれます。

④UVカット

SPF25、PA+++なので、年中使いやすい紫外線防止数値です。
紫外線吸収剤を使用していないのでメイクを落とす時にも簡単に落とせるし、長時間浸けていても肌荒れしにくいので敏感肌の人でも安心して使用出来ます。

⑤エイジングケア

成分のCVアルギネートが肌の深層部のコラーゲン生成へと働きかける事によって、ハリ感や弾力をアップさせ、若々しい素肌を再現してくれます。
コウキエキスが、炎症を抑えながら肌のコンディションを整えてくれます。

⑥薄化粧

少量でもよく伸びてカバー力も高いので薄化粧が叶うから、コントロールカラーで肌色を明るくしたり、コンシーラーでシミを隠したりといった風にいろいろな仕掛けをしなくてもひと塗りでナチュラルメイクが完成出来ます。

⑦毛穴補正

ディセンシアのBBクリームの粒子はなんと大きさ5~12ミクロンの粒状粉体なので、毛穴にぴったりと蓋をしてくれるので、メイクの仕上がりも毛穴レスなつるすべ肌が叶うのです。

ディセンシアのBBクリームはこのように1本で7役の美肌作用があるので、忙しい主婦やOLには大変嬉しいアイテムです。
1本25gで定価が4320円、定期購入ですと3888円ですが、約5~6カ月は使用できるので、そう考えると1カ月のコストは1000円を切るので大変お得なコストパフォーマンスといえそうです。
オールシーズン通してリピート買いするのに、大変お勧めのBBクリームです。

商品について詳しく見てみるならこちら。

年齢肌をしっかりカバー<<アヤナスBBクリーム>>送料無料・特別価格3,800円

【通常使用】アヤナスBBクリーム

2位 アテニア BBクリーム

アテニアBBクリーム

VOCEの雑誌で2016年4月にBBクリーム部門で月間ランキング1位に輝いたアテニアのBBクリームには、浸けるだけで美肌へと輝かせてくれる多彩な魅力がぎっしり詰まっています。
年齢層的には、20代から30代、40代以降と幅広く使用していただけます。
特に肌機能が弱まっている敏感肌の方にも安心して使用できるミネラル成分をメインに使用しています。
これからその魅力について紹介していきます。

①美容液

・水溶性コラーゲン

肌の弾力を高めてくれる作用があります。

・シラン根エキス

肌を外的ストレスから守る作用があるので、紫外線によるメラニンの増加を防いだり乾燥を防ぐ働きがあります。

・アルゲエキス

肌の老化の原因となる外的ストレスから肌を守ります。
高い保湿効果と収斂作用により、毛穴を目立たなくさせ、たるみを改善する効果が期待出来ます。

・シリカ

ケイ素成分ですが、人間にとって大切なアンチエイジング成分であるのにも関わらずに体内では生成できない成分なので、食べ物やスキンケアで補ってあげる必要があります。
コラーゲンの接着剤的な働きをするので、コラーゲンやエラスチンといった肌の基礎を構成する線維芽細胞を束ねたり、肌の細胞間脂質であるセラミドの水分保持力を高める作用があります。

②UVケア

SPF30、PA+++なので、長時間の外出でなければ夏場でも充分活用できそうです。
紫外線吸収剤不使用、無香料、無鉱物油、パラベンフリー、アルコールフリー、アレルギーテスト済みで、ノンコメド処方といってニキビの出来にくい処方をしているので、敏感肌の方や加齢によるゆらぎ肌の方でも安心して年中活用出来そうです。

③ 下地

マイカ成分は、雲母と呼ばれている天然岩鉱物です。
肌にパールのような光沢感をもたらしたり、キメ細やかに魅せる効果があります。

④ライトメイク

カラーは自然な肌色のナチュラルカラーと色白肌の方やワントーン明るく見せたい方へライトカラーの2色を展開しているので、より自分にマッチしたカラーと出会えそうです。
もちろん2色揃えておくと、シーン別や季節別に使い分け出来そうです。

⑤コンシーラー

シリカ成分が皮脂や汗を吸収して、毛穴を目立たなくさせる作用があります。

⑥華やぎ&血色

アテニア独自の隠しピンク設計といわれるピンクの光を放つローズピグメントが、バラ色のように血色の良い華やいだ素肌を実現してくれます。
華やぎのある血色肌はセレブリティな素肌には欠かせない要素です。

これだけの機能が揃って30gでたっぷり使えて2160円なので、大変お得なBBクリームと言えるでしょう。
主婦や学生、OLのお小遣いでも充分購入できるコストパフォーマンスです。
浸け心地は値段以上に肌をラグジュアリーに魅せてくれるので、あなたの揃えておきたいコスメのマストバイアイテムにリストアップしておいて下さい。

商品について詳しく見てみるならこちら。

「1本6役」アテニアのBBクリーム

アテニアBBクリーム

3位 chouette美白BBクリーム

chouette美白BBクリーム

メイクしながら美白ケア出来る凄いBBクリームとして、今話題のシュエットの薬用美白BBクリームです。
1本で6役こなす優れものアイテムです。
幅広い年齢層の方に対応できるBBクリームですが、特にシミやそばかす、くすみで悩む方に活用してほしいアイテムです。
紫外線防止効果を保ちつつ肌への刺激の少ない成分ばかりを配合しているので、敏感肌や年齢肌の方でも安心して使用出来ます。

①クリーム

保湿成分であるヒアルロン酸Naや加水分解ヒアルロン酸、アロエエキスといった弾力アップ成分が朝塗って時間が経過した後でもつややかさとハリ感を保ってくれます。

②化粧下地

伸びが良く浸け心地も軽いタッチなので、崩れにくい毛穴レスな均一肌へと導いてくれます。

③コンシーラー

マタタビ果実エキスなどの植物エキスが毛穴レスな肌へと整えながら、肌内部の反射光を増やして透明感のあるクリアな素肌へと導いてくれます。

④美白美容液

成分には水溶性プラセンタエキスという美白成分が配合されているので、潤いを与えるのと同時に、シミの元となるメラニンの生成を抑制する作用があります。

⑤日焼け止め

SPF30、PA++といった紫外線防止数値になっているので、普段の外出時でも対応できるので年中通して使用できます。
紫外線吸収剤不使用、パラベン不使用、合成色素不使用、鉱物油不使用なので、敏感肌やちょっとした刺激でも揺らぎやすい年齢肌で悩んでいる方でも安心して使用出来ます。

⑥ファンデーション

スキンケアから下地、日焼け止め、ファンデーションとこれ1本で全てが叶うので、60秒でベースメイクが整うから朝が忙しい主婦やOLにも大変人気です。

通常価格ですと1本3000円に送料486円ですが、定期購入ですと10%オフの2700円で購入出来ます。
定期購入といってもいつでも中止はOKなので、最初から定期購入として申し込むのがお得みたいです。
美白もできて化粧下地や日焼け止めも含まれていると考えると、大変お得なコストパフォーマンスといえそうです。
特に色白肌を目指す方には、年中を通して活用してほしいアイテムです。

商品について詳しく見てみるならこちら。

chouette 美白BBクリーム

chouette美白BBクリーム

■さいごに

今回は日焼け止めBBクリームについて深く掘り下げていきながら、効能やメイクの仕上がり感、コストパフォーマンス、日焼け止め効果について解説していきました。
今回紹介した3つのメーカーのBBクリームの魅力としては、どれも1カ月にかかるコストが1000円未満で抑えられる点と、美容成分や日焼け止め効果、敏感肌や年齢肌でも対応できるといった優れた機能を備えている点です。
1つで何役もこなしてくれるから時短メイクも可能だし、外出先での塗り直しもスムーズに出来そうです。
優れた美容アイテムはあなたをより輝かせてくれるから、高性能なBBクリームを今後の美活に役立てて下さいね。

さいごにランキングを掲載します。

1位 ひと塗りでエイジレス肌<<アヤナスBBクリーム>>送料無料・特別価格3,800円

【通常使用】アヤナスBBクリーム

2位 「1本6役」アテニアのBBクリーム

アテニアBBクリーム

3位 chouette 美白BBクリーム

chouette美白BBクリーム

 - ランキング , , ,